So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村 読まれた方は クリック クリック お願いします[手(チョキ)] にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

松山、買っちゃった(汗) [釣りの事]

読む前にポチっと押してください。
お願いします[黒ハート]
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村携帯の方はここを押してください!そして、もう一回クリックです!



ちわっす[手(パー)]

小銭をためて、ちょくちょくウキを買うBOKU。

syouzan3[1].jpg


最近は、松山ばかり買ってます。

普通のウキの3~4倍の価格のこのウキですが、感度が良すぎですので欲しくなります。

先日、サンラインカップで使っていた松山の2-BBを、ライフジャケットのポケットのファスナー閉め忘れで落としたみたいです。

ショック!

高価なこの松山ですが、一般的に売られているウキの衝動買いをしなければ買えるウキだと思っています。

ウキの新製品が出たらついつい買っていましたが、それをやめて松山を少しずつ買えばあまり変わらないと思います。

ただ、ウキは消耗品の部類。

根がかりや高切れで流す事もありますから・・・。

大事に使っていこうと思います。

下記には、なぜ松山がよいのか簡単にポイントだけご説明いたいます。

①V字鉛
松田ウキの真骨頂ともいえるのが、この特許V字鉛。棒状の鉛だと、いくら下部に重心を置いても起きあがりこぼしのようにポコポコと跳ね上がってしまうが、V字船ならゆりかごのように、底重心をキープしながらサシエに引かれて自然な傾きを表現できる。抜群の安定感だけでなく、二枚潮、三枚潮の状況でもサシエの方向や有無まで示してくれるのはこのためである。

y52[1].gif




②2段パイプ
ウキを抑えるシモリ玉を、頭部ではなく底部で受けとめるための低支点特許構造。これにより、遊動時も重心が落ち着き、わずかのブレも発生させない。また、魚が引っ張ってもウキにブレがないため違和感なく喰い込み、ヘラウキのようなきれいなアタリが出やすい。さらに、ウキ止め糸(松田式)をV字型に結ぶことにより、遊動でありながら固定感覚で操作することも可能。いいかえれば、固定仕掛けとして使用する場合でも、止め楊子が不要である。しかもこの場合、糸がウキのセンターを通 るため、従来の楊子止めよりさらに重心バランスが優れる。糸スベリも抜群で、深ダナでも仕掛けなじみが非常に早く、ストレートパイプの3倍の早さで「釣れる状態」を作れる。

y7[1].gif

y8[1].gif




③残存浮力0(ゼロ)
厳格の浮力検査により、表示オモリを掛ければ0号ウキになるよう設定。松山に至っては、5-5、6-6など、さらに精度の高い浮力設定まで実現している。(ただし潮の状況は一定でないため、状況によっては微少オモリで調整することをおすすめします)



④ソロバンヘッド
独特のソロバンヘッドは、ウキの傾きを確認するためのカタチ。例えば、潮が正面 に払い出している場合は、エサが先行してうまく仕掛けが張れていればウキのヘッドは大きく見え、逆にウキが先行していればウキのヘッドはほとんど見えない仕組みになっている。このように、常に「釣る状態」を保つために、このヘッドは役立つ。また、松次郎・別 作以上に採用している白色のハチマキは、この視認性をさらにアップさせる。

y11[1].gif




⑤SICリング
松山に採用したSICリングは、抜群の糸スベリを実現。それとともにウキ止め糸(松田式)を確実に止めるので、潮流が速い釣り場や、竿1~2本の深いタナでも、固定仕掛けの「張り」や「誘い」が可能。一度抜けると再度なじませるのが困難な状況において、SICリングは確実に釣果 に直結する。

y14[1].gif


※SUNLINEウェブサイトから引用

ってな分けです。

2段パイプにより支点がウキの下部にくる事と、V字鉛で潮の流れやツケエの向きが分かったり、なんと言ってもSICリングの採用でウキ止めがリングで止まることです。

ウキ止めがSICリングで引っかかり、固定みたいになります。

強く抜けば普通のウキと変わらりませんが。

潮の中で止めて釣る釣りにはもってこいです。

簡単ですが、こんな風に機能満載のウキなんです。

浮力のバリエーションも豊富で、グレからチヌまで何でもありのこのウキ。

真鯛の深タナだってOKです。

ちょいと高いですが理にかなった「松山」、一度お試しあれ!

他にも、松次郎・松三郎・松五郎などのラインナップもおすすめです。


明日は、一発・・・・・・・

あっ!

一泊で東京です。

また、いくじぇ東京!

待ってろよ!


何を?




本日も、最後までお付き合いありがとうございました。
最後に、もう少しお付き合いください。
ランキングがんばってます。
ポチッとだけ、押してください。
お願いしまーす!
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村←携帯の方はここを押してください!そして、もう一回クリックです!



nice!(30)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 30

コメント 6

karesusuki

浮きの仕組みはこのように
なっているんですね、
お勉強になりました。
by karesusuki (2011-06-07 20:22) 

稲っち

釣りに行くのが待ちとおしいですね(笑)
AURAも2個ぐらい買ってください(笑)
今二神は渡りが入って、どこもクーラー満タンでしたよ[ぴかぴか(新しい)]
by 稲っち (2011-06-07 20:36) 

鰤衛門

こんばんわ。
ワタシも10年くらい前、磯釣りにはまったことがあります。
魚はたいして釣れんかったですが、自作のウキで釣るのが
楽しく、10個くらいは作りましたね。
釣れる釣れないというよりも、ウキを使って釣りをする・・・
ただそれだけが面白かったように記憶してます。
錘の埋め込み位置やウキの形、色・・・なかなか楽しいものですね。


by 鰤衛門 (2011-06-07 22:14) 

ましちゃん

karesusukiさん
こんにちわ。
このウキは、特殊なんですよ!
マニアックな話になるので・・・。
高価で感度の良いウキ=釣れる!
って分けでもないですがね【汗】
by ましちゃん (2011-06-10 16:44) 

ましちゃん

稲っちさん
釣りに行きたくて・・・。
行けなくなったら、衝動買い・・・。
どこも、梅雨グロ釣れだしたみたいです。
あー。
行きたい・・・。
by ましちゃん (2011-06-10 16:45) 

ましちゃん

鰤衛門さん
こんにちわ。
BOKUもウキを作ってみたいのですが、ホコリが・・・。
怒られるので作れずにいます。
でも、自作ウキで釣れたら最高でしょうね!
憧れます。
ただ、知識がないので・・・。
by ましちゃん (2011-06-10 16:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。